• HOME
  • 教室紹介
  • 教室の歴史

教室の歴史

当科の沿革

金沢大学医学部は1862年(文久2年)加賀藩により設置された加賀藩種痘所(金沢市彦三)を起源としますが、金沢大学第一内科は明治16年佐藤廉教授が金沢医学校の初代内科教諭として着任し開設されて以来約120年近い歴史を持っています。佐藤教授はこの北陸の地における近代医学の先駆者となり、以後第二代から第八代の各教授が歴任し(下表参照)、内科学の基礎を作り上げました。
ついで第九代教授の山崎幹教授が着任中の明治30年より内科は二部制になり、以後安定した教室の態勢が整い「金沢大学第一内科教室」として発展を遂げてきました。平成12年4月大学院部局化の施行に伴い金沢大学大学院医学系研究科『がん遺伝子治療学講座(内科学第一)』となり、平成16年5月金子周一が第18代教授に任命され、平成18年に教室名は『恒常性制御学講座(内科学第一)』、その後『システム生物学』に変更されました。
令和元年には金沢大学内科の臓器別再編に伴い『消化器内科』となり、高い専門性を維持しながら、全人的医療を志向する診療・研究体制を引き継ぎ、現在に至っています。

内科教室創立以来の歴代教授
教(諭)授名 在職期間
初代佐藤 廉明治16.11~17.5
第2代長谷川寛治明治17.5~17.10
第3代中濱東一郎明治17.11~18.11
第4代浅田 决明治18.12~21.3
第5代黒柳精一郎明治21.4~25.10
第6代小林 廣明治25.11~28.1
第7代山根 文策明治28.2~28.10
第8代岡部 忠明治28.11~29.4
第9代山崎 幹明治29.5~大正6.8
第10代大西 克孝明治35.3~37.6
第11代田村 昌大正6.9~9.4
第12代山田 詩郎大正9.4~昭和7.9
第13代行徳 健助大正11.11~大正13.3
第14代谷野富有夫昭和7.10~36.3
第15代武内重五郎昭和36.5~49.4
第16代服部 信昭和49.9~平成元年.6
第17代小林 健一平成2.1~平成14.11
第18代金子 周一平成16.5~

教授挨拶

教室の歴史